社長の鞄持ち研修

勝矢 佑梨

勝矢 佑梨(かつや ゆり)

大学

立正大学

実施日

2013年07月05日

お疲れ様です。 
14内定者の勝矢佑梨です。 
7月5日に参加させていただいたインターンシップの報告です。 
よろしくお願い致します。 

5:40 荻窪駅で上田さんと合流

本日一緒に鞄持ちをさせて頂く経営サポート会員の戸田社長と、お迎え担当の斉木さんにご挨拶をさせて頂く。戸田社長と名刺交換をさせて頂く。 

6:00 タクシーに乗り、小山さん宅へ向かう

ここで上田さんとはお別れ。朝早くからありがとうございました。 
タクシー内では、斉木さんが小山さんに近況報告をされていた。 
小金井ナビや、チャットワークについて話されていた。 

6:30 本社到着

社長室にて、斉木さん、上野さんの評価面談をされていた。 
その後ははがきを書いていたり、ボイスメールを聞いたりされていた。 

7:30 早朝勉強会

今回私は2回目の参加をさせて頂いた。プレミアム現地見学会に参加されている経営サポートのお客様も参加されていた。 

8:45 お客様が訪問

早朝勉強会が終わり、社長室へ戻ると東急インの幹部三名が訪問された。小山さんにお礼をしにいらっしゃったようだった。具体的なことはわからなかったが、 小山さんには多大なる感謝をしているようだった。こんなに感謝をされているというのはすごい。また、お客様に小山さんから私のことについて、「負けん気の 強い子」と紹介をして頂いた。内定者である私の性格まで知っていて下さり、本当に嬉しかった。 

9:00 プレミアム現地見学会開始

普通の見学会とは違い、小山さん本人から直接会社について解説をして頂くというプレミアム現地見学会に同行させて頂いた。私たち学生が聞く、上田さんや守 屋さんからの会社見学会の内容とはまた違い、小山さんならではの知識、エピソードを聞くことができ、本当に貴重な経験をした。正直、高額のお金を払わなく てはならないこの見学会に無償で参加できたことはとてもラッキーだと感じた。

11:45 電車で吉祥寺へ移動、昼食(とんかつ屋さん)

移動中、昼食のご飯の提供前まではボイスメールを聞かれていた。 
昼食代の支払いは小山さんと戸田社長がお札を使った賭けをして、戸田社長が勝ち、小山さんがお支払いをしていた。ご馳走様でした。戸田社長は7回連続で負けていてやっと勝った。 

≪午前の気づき≫ 
・小山さんは朝から多くの社員の方から報告を受けていて、どれも真剣に話を聞き、的確なアドバイスをしていた。 
・電車での移動時間、歩いている時間もむだにせず、常にボイスメールを聞くなどの作業をしていた。 
・社員の方々の一人ひとりの名前はもちろん、仕事内容、性格、生活のことまで詳しく知っていて驚いた。 
・小山さんは多い時は一日に約60枚のはがきを書いている。 
・iPhone、iPad、携帯電話などの複数の機器を上手く使いこなしていた。

13:00 吉祥寺東急インにて会社見学会

今回は、169名もの経営サポートのお客様や一般のお客様がいらっしゃっていた。小山さんの講演では、社員には強制的に勉強をさせるということ、環境整備をしっかり行い、お金をかけるということなどを話されていた。

14:30 取材開始

講演が終わった後、東急インに残り、取材を2つ受けられていた。取材の中で小山さんが、「社員半分がいなくなっても会社は潰れないが、お客様が半分いなく なったら潰れる。」「とにかく社員には失敗をさせて学ばせる。失敗がなくては何も学べない」とおっしゃっていたことがとても印象に残っています。 

17:05 会社見学会の続き

経営サポートの会員である小谷社長が、武蔵野の経営サポート会員について講演をされていた。最初小谷社長は、実践経営塾の参加費についてとても高いので信 用していなかった。でも参加するうちに、社員がどんどん強くなる、会社が潰れない体質になる、というようにみるみるうちに会社が変わっていった。私はこれ を「武蔵野ありじごくスパイラル」と呼んでいる。参加費の何十倍もの価値がある。とおっしゃっていた。このように実際に会員であるお客様から言っていただ くことは本当に説得力の高い価値のあるものだと感じた。 

18:00 会社見学会に参加されたお客様との懇親会

私は小山さんの席とは少し離れ、会社見学会に参加されたお客様と席をご一緒させてもらい、何人かの方と名刺交換もさせて頂いた。お客様はみなさん優しく、 緊張している私にも「内定者研修はどんなことするの?」「内定者のうちから社長の鞄持ちなんて本当に変わっているね」などの話をさせて頂いた。 

19:00 ホームインステッドのグループ懇親会に参加

ホームインステッドの部長クラスの方々が集まり、小山さんに近況報告をされていた。ここでは社員さんの近況報告を話す時間が1分15秒と決まっており、そ れ以上話すと罰金がつく、という決まりがあった。しかしみなさんはほとんどの方が罰金がつくにも関わらず、時間を大幅にオーバーしていた。お金を支払って でも小山さんと話したいという社員さんの熱意が伝わり、本当に驚いた。私もここで自己紹介をさせて頂いた。

21:00 小山さん宅に到着。インターンシップ終了

電車で荻窪へ移動し、小山さんの自宅までご一緒させて頂き、インターンシップ終了 

≪午後の気づき≫ 
・ボイスメールの件数が本当に多い。午前中に聞き終わっても、夕方にはたくさんたまっていて、大変だとおっしゃっていた。 
・取材の合間にスケジュールの確認をしており、来年の3月のスケジュールの話をされていていかに小山さんが忙しいかを知った。 
・経営サポートの社長の鞄持ちは1年以上待ちがあるということに驚いた。 
・懇親会でも小山さんは真剣に社員さんの話を聞き、意見、アドバイスをしていた。 

感想

インターンシップに参加させて頂き、本当にありがとうございました。 
今回の鞄持ちをさせて頂いた中で感じたことは本当にたくさんあったのですが、やはり一番は時間の使い方でした。小山さんは移動時間も含め本当に無駄な時間 が一切なく、自分が今までいかに無駄な時間を使ってきたかということを痛感させられました。また、小山さんは歳を一切感じさせない元気さとパワフルさで、 21歳の私が付いていくのに必死でへとへとになってしまいました。今回のインターンシップでは経営サポートのお客様と接する機会が多くかったのですが、そ の中でも「小山さんが認めた内定者はとても逞しくみえるね」ということを言って頂き、い 
ま武蔵野という会社に携われているということ、小山さんと関われていることはすごいことだと感じると同時に、誇りに感じました。 
今回の体験は他の会社にはできない本当に貴重な体験ばかりで、たくさんのことを学び、自分を磨くチャンスであると思いました。 

最後に、鞄持ちをさせて頂いた小山さん、ご一緒させて頂いた戸田社長、一日本当にありがとうございました。 

以上をインターンシップの報告とさせて頂きます。 

14内定者 
勝矢佑梨

株式会社武蔵野 14内定者

勝矢 佑梨

内定者インタビュー

内定者インタビュー

入社を目前に迎えた内定者の本音を聞いてみました! ぜひ参考にしてみてください♪

内定者インタビューを見る
社長の鞄持ち研修

社長の鞄持ち研修

代表・小山の働きぶりを間近に見られる「社長の鞄持ち研修」。挑戦した内定者の皆さんの仕事ぶりはいかに?

社長の鞄持ち研修を見る
ルート体験同行研修

ルート体験同行研修

先輩に同行し、実際の仕事を体験する内定者向け研修。武蔵野の “現実・現場・現物”を見に行こう!

ルート体験同行研修を見る

たくさんのご応募お待ちしております!

新卒の方へ

会社説明会

<会社説明会日程>

2017年卒業向け、会社説明会は終了しました。
  • 会社説明会申込

中途の方へ

中途の方は随時ご応募を受付けております!

<募集職種>

  • ●レンタル用品交換スタッフ
  • ●モニターご案内スタッフ(ダスキンのプロモーション営業)
  • 中途採用情報を見る
  • 中途正社員に応募する

アルバイト・パート・業務委託販売 募集情報

フリーター、第2新卒、主婦、シングルマザーの方が多数活躍中です!
勤務地、職種、雇用形態など、ご要望に合わせてお選びください。

<勤務地>
小金井、立川、東伏見、三鷹、吉祥寺、府中、国分寺、西荻窪、渋谷

お仕事を探す
http://www.musashino.co.jp/