社長の鞄持ち研修

鈴木 海人

鈴木 海人(すずき かいと)

大学

青山学院大学

実施日

2016年01月23日

お疲れ様です。
16内定者の鈴木海人です。
2016年1月23日に参加させていただいた鞄持ちインターンシップの報告です。
よろしくお願いいたします。

☆インターンシップの目的
・小山さんの仕事ぶりを見る
・社長ってどんな仕事をしているのか
・時間の使い方を勉強する
・コミュニケーションを取る
・同行中は小山さんの鞄を持つ

6:20

荻窪駅で佐々木さんと荒谷さんと合流
荒谷さんから、名刺交換をするときはコートを脱いでからするようにと教わる。

6:30

株式会社モリチュウの森社長と合流
森社長と名刺交換をさせていただく。
荒谷さんは先に本社に向かうということで、ここでお別れ。
朝早くからありがとうございました。
・鞄持ちは今は3日だが、以前は5日だった
・森社長は今回で2回目の鞄持ち、前回は3年前

6:47

小山さんにボイスメールを入れ、自宅までお迎えに行く
助手席に座らせていただく。
佐々木さんに、小山さんのカバンは絶対に忘れないようにとご指導いただく。

小山さんをお迎えしたあと、本社に向かう。
タクシーでの移動中、佐々木さんが小山さんに、社員さんの事や、
アルバイトさんの話、社員さんの奥さんや子供のお話まで様々な事を報告していた。
それを小山さんは、うんうんと言いながら聞いており、報告が終わるとすぐに答えていた。

7:00

車内で仕事ができる人の心得のボイスメールを転送する
土曜日なので、仕事ができる人の心得を入れるのですが、時間がなさそうだったので、
前日に入れておき転送した。

7:15

本社到着
会議開始までの待ち時間、小山さんは書類に目を通したり、ハガキを書いたりしていた。

7:28

リーダー会議開始
初めに経営理念・七精神の唱和を行う。
その後、安全運転推進チームや教育チームなど、様々なチームや部署の報告が始まる。
小山さんは真剣に頷きながら聞かれており、報告が終わるとすぐにコメントをしていた。
・発表は長いとダメ。決められた時間でまとめる。

8:50

KADOKAWA取材
主に評価の仕方や賞与の事をお話していた。
取材者の方にもわかりやすいように、小山さんの本のコピーや資料を使いながら説明をしていた。
小山さんはお話の途中で森社長や私に話題を振ってくださった。
・ルールを明確にする
・周りが上に上がると自分も上に上がりたくなる
・儲かっているからといって賞与を多くあげると下がったときに文句が出るので、
 仕組みを理解していない人に多くあげてはいけない。
・上司と部下が面談をしているか小山さんがチェックしている
・小山さんの本はお金になるので最優先で取材をする。

途中の休憩中、KADOKAWAの鯨岡さんと、クロロスの藤吉さんと名刺交換をさせていただいた。
その後、小山さんから感想文にハンコを押す仕事をいただいた。

11:00

取材終了後、徒歩で へ
移動中も小山さんはコードレスヘッドホンでボイスメールを聞いていた。
・森社長から、今の歳から矢島さんのお話を聞く事ができるのはとても貴重な事だと教わった。

11:15

経営サポートの部屋で待機
小山さんは森社長と別の部屋でお話。

11:30

昼食
池田ピアノ運送の池田社長と合流。
小金井駅近くの、宝華で昼食。
小山さんがレバニラ炒めを注文したので、私と二人の社長も同じメニューを注文。
・食事中も社長のお話を聞き、答えていた。

食事後、誰が食事代を支払うかジャンケンで決めた。
小山さんの代わりに、私がジャンケンをさせていただいた。
結果、ジャンケンに勝ち、池田社長が支払う事に。
池田社長、ご馳走様でした。

12:05

電車で虎ノ門まで移動
小山さんはエスカレーターを使わず階段で移動

12:50

ドトールコーヒーで待機
駅から移動中突然、小山さんと森社長のジャンケンが始まり驚いた。
結果小山さんが勝ち、森社長に飲み物を買っていただいた。
小山さんはホットミルクを選んでいらっしゃいました。
森社長、ご馳走様でした。

待ち時間の間も、小山さんはiPadでサイボウズを開き、メールの確認や、 お金の申請などを確認していた。

13:40

琴平タワー17階でラジオ収録
ここで、内藤建設株式会社の内藤社長と合流する。
今回は15分のラジオを5回分まとめて収録された。
最初の一回は小山さんだけで収録し、残りの4回は内藤社長と収録されていた。
・物事には順番があるので、飛ばしてやってはいけない。
・一人で全てを抱えず、先輩に相談する。
・小山さんは15分ピッタリにラジオが終わるように、どのお話をするか調整している。
・ほとんど撮り直しがない。
・小山さんの予定は2年先まで決まっている。
・小山さんのラジオは、木曜日の12:15~12:30の枠では日本で一番聞かれている。
・普通の人は、2時間で15分のラジオを2本だが、小山さんは5本。

最後に、小山さんのFacebookに載せる用の宣伝をビデオで撮って終了。

16:50

荻窪駅で鞄持ちインターンシップ終了
小山さんはこのあと、森社長と森社長の奥さんと面談があるので、鞄持ちはここまででした。
・売店で漫画ゴラクの本を買われた。読むページは少ない。

気づき

・小山さんは一日中仕事をされている。
・移動中は常にボイスメールを聞いている。
・小山さんの階段を上るスピードは早い。
・電車で降りる時はドアの前に移動する。
・携帯をたくさん持っているが全てしまう場所が決まっている。
・よく使うiPadやヘッドホンは鞄の横に入れている。
・小山さんの周りは笑いが絶えない。
・小山さんは説明をするとき、身振り手振りを交えて説明をする。
・良い事をやるだけではダメで、成果があがらないと意味がない。
・小山さんは周りから見たらスーパーマンだが、実際は小さな事を愚直にやり続けた結果である。
・小山さんは一つ一つの動きがキビキビしている。
・同じ意味の言葉でも、二つとも使うのではなく、一つの言葉に統一しなければいけない。
・森社長の肩を叩いていたり、とてもフレンドリーに接している。
・経営計画書は全ていいなと思ったもの真似したもの。
・良いところは真似をする。そうすれば自分で考える時間を別のことに使うことができる。

感想

今回の鞄持ちインターンシップに参加させていただきありがとうございました。
小山さんの仕事を1日拝見させていただき、常に何かしらされており、
時間を有効に使っていることを知ることができました。
小山さんは早朝勉強会の際などに、社員さんの事をいじったり、叱ったりされており、
どうしてこんなにも社員一人ひとりに詳しいのかと疑問に思っていましたが、
毎朝の移動中の報告で、社員さんや奥さんの情報を得ているからだと今回の鞄持ちでわかりました。
朝の報告を聞いてすぐに、適切なアドバイスをされており、とてもすごいなと思いました。

今回の鞄持ちで、気付けなかったらどんなことでも、気付かなかった奴が悪いと聞き、
どんなことでも何回もチェックをして、気づかないことがないようにしなければいけないと感じたので、
これから実践していきます。また、小山さんを見習い移動中にボイスメールを聞いたり、
空き時間には予定のチェックなど、時間を無駄に浪費しないようにしていきます。

小山さん、1日鞄持ちをさせていただきありがとうございました。とても勉強になりました。
森社長、一緒に鞄持ちをさせていただきありがとうございました。
今私が置かれている環境が素晴らしいものだと、改めて実感しました。
鞄持ちインターンシップを手配してくださった、荒谷さん、五十嵐さんありがとうございました。
とても貴重な体験をすることができました。

以上を鞄持ちインターンシップの報告とさせていただきます。

株式会社武蔵野 16内定者

鈴木 海人

内定者インタビュー

内定者インタビュー

入社を目前に迎えた内定者の本音を聞いてみました! ぜひ参考にしてみてください♪

内定者インタビューを見る
社長の鞄持ち研修

社長の鞄持ち研修

代表・小山の働きぶりを間近に見られる「社長の鞄持ち研修」。挑戦した内定者の皆さんの仕事ぶりはいかに?

社長の鞄持ち研修を見る
ルート体験同行研修

ルート体験同行研修

先輩に同行し、実際の仕事を体験する内定者向け研修。武蔵野の “現実・現場・現物”を見に行こう!

ルート体験同行研修を見る

たくさんのご応募お待ちしております!

新卒の方へ

会社説明会

<会社説明会日程>

2017年卒業向け、会社説明会は終了しました。
  • 会社説明会申込

中途の方へ

中途の方は随時ご応募を受付けております!

<募集職種>

  • ●レンタル用品交換スタッフ
  • ●モニターご案内スタッフ(ダスキンのプロモーション営業)
  • 中途採用情報を見る
  • 中途正社員に応募する

アルバイト・パート・業務委託販売 募集情報

フリーター、第2新卒、主婦、シングルマザーの方が多数活躍中です!
勤務地、職種、雇用形態など、ご要望に合わせてお選びください。

<勤務地>
小金井、立川、東伏見、三鷹、吉祥寺、府中、国分寺、西荻窪、渋谷

お仕事を探す
http://www.musashino.co.jp/