社長の鞄持ち研修

間篠 翔吾

間篠 翔吾(ましの しょうご)

大学

立正大学

実施日

2016年03月22日

お疲れ様です。16内定者の間篠 翔吾です。
2016年3月22日に参加させていただいた鞄持ちインターシップの報告です。
よろしくお願い致します。

☆インターンシップの目的
・小山さんの仕事ぶりを見る
・社長ってどんな仕事をしているのか
・時間の使い方を勉強する
・コミュニケーションを取る
・同行中は小山さんの鞄を持つ

6:00

荻窪駅集合
有限会社中央市場金沢社長、高梨さんと合流
金沢社長と名刺交換させていただく。

6:15

高梨さんが小山さんにボイスメールを入れ、タクシーに乗り小山さんのご自宅へ。

6:20

小山さんと合流
小山さんの座る位置は運転手の後ろの席ではなく助手席の後ろ
高梨さんによるとすぐに降りれるからだそうです。
私は助手席に座らせていただきました。
本社への移動中、高梨さんのお迎え報告。
・社員やパートさんについても細かく報告。
・小山さんは話を最後まで聞いてから返答していた。
・移動時間中はずっと報告する。短くてはだめ。

6:50

本社到着
到着後すぐにカバンを持たなければいけないのに、私は小山さんのカバンではなく金沢社長のカバンを取りに行ってしまいました。
小山さんすみませんでした。
到着後、多くの社員の方々が小山さんを迎えていました。

7:00

リーダー会議
20~30名の社員の方々ががおられました。名前のとおり各部門のリーダーの方が小山さんに報告する。また、小山さんも社員に報告する。
はじめにチーム活動ごとの発表が5分間その後、各部門リーダーが90秒で報告する。
・報告は時間内にやる。時間オーバーはだめ。
・報告は最後まできいてから返答する。
・遅刻したら積み立て金、理由は追求しない。

8:25

進捗会議
各部門のブロック長の方が部門ごとの成績やお客様からの声をもとに良かった点、クレーム事例を挙げてそのクレームに対しての改善方法を小山さんに報告する。
・会議が始まる前に7ヶ月先までの会議のスケジュールを小山さんが指示していた。
・報告を聞いているとき気になる点を赤ペンでチェックしていた。
・ここでも全員の報告を80分聞いてから小山さんが返答する。
・発表の内容は割合としては、お客様からの声9割:各支店の成績1割であった。お客様の声を重要視していた。
・ライバル社の情報も報告していた。
・「右とライトは違う。言葉は統一しないとダメ。」
・「大事なのは時間の長さではなく、回数が大事」
・「顧客ではなくお客様」

10:10

会議終了後
お客様、社員からの質問に答える。
その後ザウルス(スケジュールと住所録の管理が便利な機器)を使いスケジュールの確認、感想文などの書類の確認、メールの確認、経費の計算をされる。
私は感想文のハンコ押しをやらせていただきました。

・武蔵野の有給申請の方法について金沢社長にアドバイスをされる。私には内容が難しくてわからなかったが、金沢社長は驚かれていた。
・たくさんメールが届いており返信するのが大変そうだった。
・時間が足りないとおっしゃっていた。

11:25

本社を出て電車で吉祥寺へ移動
移動を始めたら、すぐにボイスメールを聞き始める。
・移動中はボイスメールのチェック。
・エスカレーターは使わない。階段を使う。

11:55

ラーメン屋入店
注文後、ラーメンが来るまで小山さんに質問する時間をいただきました。小山さんありがとうございます。
ラーメンを食べ終わり、支払いをかけて金沢社長と勝負をされる。
つまようじを折った物がどちらかを当てるゲームで小山さんが見事に勝ちました。
金沢社長お昼ご飯ご馳走さまでした。
・小山さんはじゃんけんも強く20連敗中のお客様もいるそうです。

<質問>
Q「社員に一人暮らしをさせる理由」
A「一人暮らしは寂しいから結婚をするようになるから」
Q「上司に好かれるには?」
A「言われたことを素直にやる。返事ははい。喜んで。だけ」
Q「小山さんの目標とする人はいますか?」
A「いない。昨日の自分を超えること。」
Q「小山さんは何年後の自分を逆算して計画しているのか」
A「5年後の自分。」
Q「今の目標はありますか?」
A「経営計画書発表会で発表する。」

<午前中の気づき>
・小山さんも立って仕事をする。
・エスカレーターは使わない。階段を使う。
・1つの仕事が終わったらすぐに次の仕事。
・全く休んでいない。
・常に仕事をしている。

12:10

ラーメン屋を出て吉祥寺セミナールームへ歩いて移動
移動中はボイスメールを聞く。

12:30

吉祥寺セミナールームに到着。
時間までサンクスカードの記入、メールの確認、決算の承認、お客様との名刺交換や質問に答えていられました。

13:00

吉祥寺セミナールームにて現地見学会
今回は102人のお客様が参加されていました。
1回の参加費用は35000円今回は102人いらしたので357万円のお金が払われていました。
はじめに、小山さんの講義。
・「社長の仕事は決定をすること。」
・「掃除は自発的、ボランティア。環境整備は決められた所をやる。給料を払う。仕事をやりやすくする。」
・「環境を整理(捨てる)。整頓(揃える)。」
・途中黒板を消すのを忘れると積み立て金、時間が大切だから。
・予定時間ちょうどに終わる。

13:40

小山さんの講義終了
お客様は現地見学会に行かれる。
すぐには出ずにメールの確認や稟議書の承認をされていた。

13:50

吉祥寺セミナールームを出て東急レイホテルへ移動
・移動中はボイスメールを聞く。

13:55

東急レイホテルに到着
新卒採用特別セミナーに出席される。
着くとすぐにお客様や社員の方と話されていました。

14:10

新卒採用特別セミナー
会社の新卒採用について採用担当者様が参加されていました。
株式会社ヒューマンキャピタル研究所甲野様の講義
武蔵野の採用試験でも使われている適性検査HCI-ASについての講義
小山さんはサンクスカードの記入、メールの確認をしていた。小山さんの仕事が終わると甲野様の講義を聞いていられました。

15:20

小山さんの講義
・「入社は条件。退職は人間関係。」
・「毎年必ず採用する。中学に入学して、野球部等で辞めないのは下の代ができて上の代がいなくなるから。」
・「能力が高い人よりも価値観が合って能力が低い方が良い。」
・「環境によって人は変わる」
・「新卒退職防止のため他の会社を見させる」
・「小山さんの手の届く範囲が合格ライン」
・ただ質問に答えるだけでなく周りに聞きながら答えていた。

16:10

小山さんの講義終了
吉祥寺セミナールームへ移動。

16:20

吉祥寺セミナールーム到着
到着後稟議書の承認をされる。私も小山さんから稟議書の承認のボタンを押させていただきました。押した後に小山さんが今のが430万円の承認だよと教えていただきました。ちなみに金沢社長は4400万円の承認ボタンを押されていました。
社長の1日で動くお金の額が尋常ではなく、びっくりしました。

16:40

お客様が帰ってこられる。
現地見学会が再開される。株式会社ロジックサービス菊池社長が講義をされる。

16:55

小山さんの講義
・「数字では知りたくない現実を知る。」
・「経営計画書が黒なのにも理由がある。経営計画資料が黄色なのにも理由がある。」
・「数字が人格」
・「『強か』ですねと言われる社員を作れ。」

17:15

現地見学会終了後
すぐバスに移動しバスの中で小山さん、菊池社長、金沢社長が会話される。
現地見学会に参加されたお客様と懇親会へバスで移動

17:45

居酒屋で懇親会が始まる。
席があらかじめ決めてあり、小山さんはお客様からの質問を答えて席を移動される。
私はお客様と名刺交換やお酒をつがせていただきました。
お客様は小山さんが来られると質問を次々にされていました。
小山さん懇親会に参加させていただきましてありがとうございました。

18:15

懇親会会場をでる。
荻窪駅へ移動。
荻窪駅へ移動中に質問の時間をいただく。
<質問>
Q「結婚は何歳がいいのか?」
A「2グループに昇格してから考えなさい。」
Q「小山さんのスケジュールはどこまで埋まってあるのか?」
A「2017年12月まで」
Q「内定者の中で内定が決まった時期が遅いのですが16新卒のなかで1番になるためには?」
A「言い訳をするな。内定の遅い早いは関係ない。内定が遅いから仕方ないと言い訳を作ってるのはだめ。採用課長の五十嵐さんはビリの入社でした。」

Q「物を捨てるときの基準はなんですか?」
A「1年使わない物は捨てなさい。絶対使わないから。」
Q「A評価を取るためにはどうしたらいいですか?」
A「上司の真似をする。」

18:30

荻窪駅到着
小山さん、金沢社長1日ありがとうございました。

<午後の気づき>
・お客様や社員のことをよく覚えている。ご飯代をかけた勝負の対戦成績など細かく覚えている。
・講義をする際、お客様が興味を引くように周りに聞きながら話しをされていた。
・時間管理が凄かった。移動したらすぐに講義が始まる時間だった。
・毎回違う話をされていてすごいと思った。
・長期休暇を取っていない社員をチェックされていた。

感想

昨日は鞄持ちインターンシップに参加させていただきましてありがとうございました。
小山さんが働いてる姿を見させていただいて、改めて小山さんの凄さを知りました。小山さんは時間を無駄なく使われていました。移動中はボイスメールを聞く。時間が空いたらサンクスカードを書くなどあらかじめこの時間に何をするのか決められていると感じました。また、小山さんはお客様、社員について知らないことはないんじゃないのかと思うくらいに覚えていました。それほど、お客様、社員の事を大切にされているのだと思いました。
昨日の同行中の際に、「武蔵野には社長になりたいという奴はいない」とおっしゃっていました。それは社員全員が小山さんの鞄持ちを体験し、小山さんの仕事ぶりを知っているからだと思いました。今回鞄持ちをさせていただくまでは社長の仕事は楽なイメージがありました。しかし、1日鞄持ちをしただけでこれほど疲れるのかと驚いています。武蔵野で誰よりも忙しく働いているのは小山さんでした。大変さを知っている社員だからこそ、辛い事があっても小山さんについていくのだと思いました。
小山さん、金沢社長1日ありがとうございました。

以上を鞄持ちインターンシップの報告とさせていただきます。

株式会社武蔵野 16内定者

間篠 翔吾

内定者インタビュー

内定者インタビュー

入社を目前に迎えた内定者の本音を聞いてみました! ぜひ参考にしてみてください♪

内定者インタビューを見る
社長の鞄持ち研修

社長の鞄持ち研修

代表・小山の働きぶりを間近に見られる「社長の鞄持ち研修」。挑戦した内定者の皆さんの仕事ぶりはいかに?

社長の鞄持ち研修を見る
ルート体験同行研修

ルート体験同行研修

先輩に同行し、実際の仕事を体験する内定者向け研修。武蔵野の “現実・現場・現物”を見に行こう!

ルート体験同行研修を見る

たくさんのご応募お待ちしております!

新卒の方へ

会社説明会

<会社説明会日程>

2017年卒業向け、会社説明会は終了しました。
  • 会社説明会申込

中途の方へ

中途の方は随時ご応募を受付けております!

<募集職種>

  • ●レンタル用品交換スタッフ
  • ●モニターご案内スタッフ(ダスキンのプロモーション営業)
  • 中途採用情報を見る
  • 中途正社員に応募する

アルバイト・パート・業務委託販売 募集情報

フリーター、第2新卒、主婦、シングルマザーの方が多数活躍中です!
勤務地、職種、雇用形態など、ご要望に合わせてお選びください。

<勤務地>
小金井、立川、東伏見、三鷹、吉祥寺、府中、国分寺、西荻窪、渋谷

お仕事を探す
http://www.musashino.co.jp/