社長の鞄持ち研修

重谷 俊樹

重谷 俊樹(おもたに としき)

大学

東京経済大学

実施日

2016年02月17日

お疲れ様です。16内定者の重谷俊樹です。
2016年2月17日に参加させていただいた鞄持ちインターンシップの報告です。
宜しくお願い致します。

☆インターンシップの目的
・小山さんの仕事ぶりを見る
・社長ってどんな仕事をしているのか
・時間の使い方を勉強する
・コミュニケーションをとる
・同行中は小山さんの鞄を持つ

6:25

荻窪駅集合
藤田社長、上田さん、荒谷さんと合流。
藤田社長と名刺交換をさせていただく。

6:45

タクシーに乗り、小山さんにボイスメールを送り、ご自宅へ向かう。
荒谷さんとはここでお別れ。荒谷さん、お忙しい中、早朝よりありがとうございました。
タクシーは助手席に座らせていただく。
小山さんのご自宅に到着すると、小山さんは先に外でお待ちになられていた。

6:50

タクシーで府中クロスウェーブへ向かう。
道中での車内では、上田さんがお迎え報告。小山さんは、上田さんの報告を頷いて聞き、聞いた後に的確な指示を出されていた。
小山さんに、早く引っ越さないと新人賞はとれないとお言葉をいただいた。

7:45

府中クロスウェーブ到着
上田さんの報告が終わり、上田さんとはここでお別れ。

8:00

早朝勉強会
早朝勉強会が始まるまでのわずかな時間も、ipadをチェックされていた。
小山さんが一方的に話すだけではなく、周りの方々に質問、話しかけながらコミュニケーションをとられていた。
武蔵野社員の方々と同様に感想を言わせていただく。

8:50

早朝勉強会終了
終了後も、小山さんはボイスメールを確認、返信していた。

9:10

実践幹部塾 第5講を見学させていただく。
佐々木さんの講義中、小山さんは武蔵野のお客様の家を把握していて道に詳しいというお話があり、終わる時間、お昼の時間など前もって決めている。
・変わるもの、変わらないものがある。
・その場で、すぐ報告する

9:46

休憩
小山さんは、電子機器、携帯電話などを合わせて5台持ち歩いている。
この休憩中も、休まずにボイスメールを確認していた。

10:02

講義再開
・焦ってはいけない。何かあったらすぐ上司に相談する
・時間を無駄にしない。前もって決める。
・こまぎれの時間を上手く活用する。たくさんのことを浅く広く行い、同じことを深く狭く。
・朝みんなが出勤する前にできること、昼時間、移動中も無駄にはしない。
・24時間有効活用する。時間が優先、場所は後。
・残業より、朝早く出勤する。
・ITツールを使用する。

10:45

休憩
小山さんは、この休憩中にも、ハガキを書いたり、ボイスメールをチェックされていた。

11:00

小山さんの講義
講義中も、周りの方々とコミュニケーションをとりながら話されていた。
・最初はえいやーで良い。スタートすることが大切で、やっているうちに良くなっていく。
・環境整備は掃除をすることではない。仕事をやりやすい環境を作ること。

11:45

昼食休憩
経営者の方々、5名の方々とご一緒させていただきお昼ごはんをいただく。
美味しいお昼ご飯、ごちそうさまでした。
小山さんは、昼食休憩中も、疲れた表情は一切見せずに常に笑顔で元気に、経営者の方々の質問、相談を聞かれていた。
小山さんは、社員一人一人を把握して、その人にあった指導の仕方や仕事を選んでいる。
私も小山さんに質問、相談をさせていただき、今できることを今すぐにやることというお言葉をいただきました。
小山さんはタクシーで引越しをされた。

12:45

講義再開
小山さんは、自分の出番以外の時間も休まずにボイスメールをチェックされていた。
・素質とは持って生まれたものであり、感性は訓練すれば磨ける。訓練とは真似をすること。
・レベルの違いすぎることはやってはいけない。真似できるものを真似する。
・自分への投資を惜しんではいけない。
小山さんは形のないものにお金を使い、体で覚えた。
・メモをとる習慣。どんなに小さなこともメモを取り、記録をつける。
・健康管理は一生の仕事。小山さんは、基本的に和食。健康は自分のスタイルをつくること。自分に合ったものを。
・数字を見て、知りたくない現実を目で見て知る。

14:37

修了証授与式では、全ての方々に手渡しで渡されていた。

15:00

実践幹部塾終了
終了後はすぐに準備し、本社に向かう。
駅ではエスカレーターではなく、階段を使用。電車内では、座らずに立っていらっしゃった。

15:40

本社に到着
ミーティングルームにて進捗会議を見学させていただく。
会議では、紙は使わず、ipadを使用。
小山さんは、報告を聞いている際は、何も言わずに話を聞かれていた。報告を一通り聞いた後、適切なところを指示されていた。
・メンバーとの共有は動画で行うと良い。
・適確な判断を秒で決定。
・報告書には、お客様の生の声が細かく書かれており、情報が共有されていた。
・過去のこと、数字をまとめても変わらない。大切なのは、お客様の声。

進捗会議終了後は、すぐに移動。徒歩で駅まで向か

17:55

荻窪駅到着
小山さんと藤田社長とはここでお別れ致しました。
小山さん、藤田社長、1日ありがとうございました。

感想

本日は、鞄持ちインターンシップに参加させていただき、ありがとうございました。
小山さんの動きを見ていて、とにかく無駄がないと感じました。時間を大切にするというのはこういうことなんだなと肌身で感じさせていただきました。道中でのお迎え報告の際には、報告をひとまず聞いた後に、すぐにてきかくな社長の鞄持ちということは貴重な経験を、内定者は無料で参加させていただけるということで、本当に貴重で有意義な時間を過ごさせていただきました。
小山さんは、社長って楽な仕事だろうとおっしゃられていましたが、小山さんの1日に同行させていただき、休まずにお仕事をされている姿を見て、とてもそうは感じませんでした。休まずにお仕事をされているのにも関わらず、どんな時も疲れている表情を一切見せずに笑顔で過ごされていたのがとても印象的でした。小山さんの鞄は思ったよりも重く、責任感をとても感じました。今日1日を通し、小山さんをはじめとしたたくさんの経営者、幹部の方を見て、もっとしっかりと責任感を持たなければなと感じました。小山さんに質問相談させていただいて、「今やれることは今やる」というお言葉を聞き、改めて自分が今まで口だけになってしまっていたこと、何も実行できていなかったことがわかりました。内定者に対しても、しっかりと話をしてくださって、本当に恵まれた環境に自分がいることを強く感じました。今後は、人に言われてからではなく、自分から考え、行動して行きます。
小山さん、本日は鞄持ちをさせていただき本当にありがとうございました。藤田社長、本日はご一緒に鞄持ちをさせていただきありがとうございました。鞄持ちインターンシップに関してのいろいろな手配をしてくださった荒谷さん、五十嵐さん、本当にありがとうございました。

以上で鞄持ちインターンシップの報告とさせていただきます。

株式会社武蔵野 16内定者

重谷 俊樹

内定者インタビュー

内定者インタビュー

入社を目前に迎えた内定者の本音を聞いてみました! ぜひ参考にしてみてください♪

内定者インタビューを見る
社長の鞄持ち研修

社長の鞄持ち研修

代表・小山の働きぶりを間近に見られる「社長の鞄持ち研修」。挑戦した内定者の皆さんの仕事ぶりはいかに?

社長の鞄持ち研修を見る
ルート体験同行研修

ルート体験同行研修

先輩に同行し、実際の仕事を体験する内定者向け研修。武蔵野の “現実・現場・現物”を見に行こう!

ルート体験同行研修を見る

たくさんのご応募お待ちしております!

新卒の方へ

会社説明会

<会社説明会日程>

2017年卒業向け、会社説明会は終了しました。
  • 会社説明会申込

中途の方へ

中途の方は随時ご応募を受付けております!

<募集職種>

  • ●レンタル用品交換スタッフ
  • ●モニターご案内スタッフ(ダスキンのプロモーション営業)
  • 中途採用情報を見る
  • 中途正社員に応募する

アルバイト・パート・業務委託販売 募集情報

フリーター、第2新卒、主婦、シングルマザーの方が多数活躍中です!
勤務地、職種、雇用形態など、ご要望に合わせてお選びください。

<勤務地>
小金井、立川、東伏見、三鷹、吉祥寺、府中、国分寺、西荻窪、渋谷

お仕事を探す
http://www.musashino.co.jp/