社長の鞄持ち研修

二見 直樹2016/10/29

大学

明治学院大学

実施日

2017年10月18日



お疲れさまです。

17内定者の二見直樹です。

2016年10月18日に体験させていただいた鞄持ちインターンシップの報告です。

6時30分

株式会社ザメディアジョン山近代表と武蔵野の佐々木部長と採用の荒谷さん、小貫さんと荻窪駅にて合流。

山近代表と佐々木さんと名刺交換をさせていただきました。その際に採用の小貫さんから鞄持ちをする際の注意事項やマナーなどをお話いただきました。

その後タクシーで小山さんのご自宅までお迎えに行き、6時50分ごろ小山さんのご自宅に到着し、あいさつを終え、
鞄持ちインターンシップがいよいよスタートしました。タクシーでの移動中も小山さんと佐々木さんの間で前日までの仕事
に関する話や、ほかの社員の方の話などをされていて、完全な沈黙という時間はありませんでした。

7時30分

本社において早朝勉強会に参加させていただきました。今まで内定者として何度か参加させていただいた事はありますが、
鞄持ちとして小山さんに同行しながらの参加は初めてで、普段とは違った緊張感のようなものがありました。その際に、小山さんの鞄を持ったまま着席してしまい、
鞄持ちとしての意識を欠いた行動を取ってしまうという失敗をしてしまいました。

8時40分~

早朝勉強会終了後小山さんはそのまま本社において社員の方と面談をされていました。直前までの早朝勉強会の和やかな雰囲気とは一変して、
とても緊張感のある雰囲気で社員の方数名と面談をされていました。細かな項目などは完全に把握できませんでしたが、
小山さんはかなり細かくチェックをされていました。面談の場においては途中で小山さんから席を外すように指示を受けたので、
私はそのまま本社において採用の2次面接のお手伝いを行いました。面談が終了すると小山さんはそのまま新卒採用面接を行われていました。その際に私は、
小山さんは新卒採用にも大きな力を入れて取り組んでいるという事が選考者の頃とは違い、内定者として、鞄持ちとして改めて気づくことが出来ました。

10時30分

採用面接が終了し選考についてのミーティングを行い、終了後そのまま社長室においてスケジュール確認を行っておりまし
た。社員の方とかなり細かく打ち合わせをされていました。私が一番驚いたことは、一番遠いスケジュールで再来年の3月まで埋まっているという事でした。
小山さんはよく社長が汗を流して働くことが大切という風におっしゃっていましたが小山さんの鞄持ちとして小山さんの緻密なスケジ
ュールを知り、改めて小山さんの凄さを実感いたしました。また、小山さん自身も自身の管理する電子スケジュール帳にてスケジュー
ルの確認を行っており、予定のブッキングが無いよう、抜け落ちが無いよう気を使われていました。

電車移動~昼食タイム

本社においてスケジュール確認が終了し、その後電車で次の移動先である新宿に向かいました。その移動中においても小山さんはボイスメールの確認作業や返信と
いったお仕事をされていて、合間の時間においても仕事をする小山さんのストイックさにとても感銘を受けました。移動の際も、
とても私の想像以上にエネルギッシュに移動をされており、あまりエレベーターなどは利用せず、徒歩でドンドン移動する小山さんの後ろ姿がとても若々しく、
格好良く見えました。新宿に到着し山近代表に何が食べたいかいくつか候補を挙げ、ハンバーグを食べに行く事になりました。
肉の万世というハンバーグ、ステーキ、カレーを扱う店に到着し、カレーをご馳走になりました。その際に小山さんから質問の時間を設けて下さり、
大学生としてのこの時期の過ごし方や親孝行についての質問に答えて下さり、私自身とても嬉しく思いました。

13時~

昼食を終え、そのまま新宿において実践経営塾の講師として壇上に上がられていました。私自身も内定者研修において小山さんの経営塾の講義を一部拝聴し
たことがありますが、実際にすべてのプログラムに参加したことは無く、実際に現場で働く現役の経営者である小山さんの大変貴重なお話を
聞くことが出来ました。普段の早朝勉強会や、会社説明会とは違った緊張感のあるセミナーで私は鞄持ちとして一
番後ろの席の小山さんの席のとなりに座っていたのですが、壇上で話されている小山さんのパワーや迫力がまるで目の前にいるかの如く伝わってきました。
小山さんの講演が終了したと思ったら、そのままサポート会員の経営者の方と5分間の面談を10名様分行っていらっしゃいました。
朝早くからここまで大きな休憩もなく常に何らかの仕事を行っており、そのスタミナに圧倒されました。

17時40分~

実践経営塾の体験者様向けのショートセミナーの講師を小山さんが勤めていらっしゃいました。経営塾が終了してそのままショートセミナーに移動する際、
小山さんが笑いながら「まだまだ働くよ」と仰って下さり、既に疲れていた私とは対照的に活き活きと仕事に向かわれており、本当に感服致しました。

18時30分~経営塾懇親会~帰宅

ショートセミナー終了後、経営サポート部主催の懇親会に参加させていただきました。その際に小山さんは1つのテーブルに留まらず、沢山の卓を渡り歩いて、
サポート会員の経営者の方とコミュニケーションを取っていらっしゃいました。懇親会が終了する直前に会員の皆様での懇親会代金を賭けたジャン
ケン大会を開かれ、とても盛り上がっていました。私はジャンケンには参加できませんでしたが、雰囲気だけでもとても楽しむことが出来ました。
ジャンケンの決着がついた瞬間に「俺は帰って寝る」と言って小山さんは帰宅されました。新宿からタクシーで小山さんのご自宅までタクシーにて移動をしま
した。その際にも山近代表と私に質問の時間を設けて下さり、仕事やそれ以外の恋愛に関しても失敗を怖がって何もしないのではなく、
バッターボックスに立ってそこでとにかくバットを振ること、つまり行動することが一番大切であるという事を私にアドバイスして下さり、とても感動いたしました。
8時20分に小山さんのご自宅までお送りし、そこで解散となり、鞄持ちインターンシップの全日程が終了しました。

~感想~

この度は小山さんの鞄持ちのインターンシップを体験させていただき、誠にありがとうございました。この鞄持ちは本来であれば1日36万円、
3日で108万円というとても大きなお金が発生する商品ですが、私たち内定者は、内定者研修として無料で体験することが出来ました。4月1日の入
社前に小山さんに密着しその仕事ぶりを生で見ることができる体験は私たち学生にとって非常に貴重な体験であると考えます。
私がこの1日を通して一番驚いたことは小山さんのパワフルさです。朝早くからお仕事が終わるまで、ほとんど休憩をとらず、常に仕事をしている姿を見て、
改めて小山さんの凄さを実感することが出来ました。そして、改めて武蔵野という会社の持つ、影響力というものも実感できました。
鞄持ちも常に予約が埋まっている上、経営塾も180万円という料金が発生する大きな商品です。本日見ただけでも100名近くのお客様がいらしていたので物凄く
影響力の強い会社であると本日実感することが出来ました。

今回のインターンシップにおいてほぼ初めてきちんとコミュニケーションを取り、私のつたない質問にも全力で答えて下さり、
小山さんの内定者に対する想いや愛というものを実観出来た素晴らしい一日を過ごすことが出来ました。
このたびの体験で改めて武蔵野の事を良く知ることが出来る大変貴重な機会となりました。ありがとうございました。

これを機に今後の研修にも力を入れて参加し、4月1日の入社時には即戦力として働いていけるよう精進をしてまいります。

最後になりますが、小山さん、採用の荒谷さん、浅岡さん、小貫さん、このたびは大変貴重な体験をさせて下さり誠にありがとうございました。

以上
鞄持ちインターンシップの報告と感想です。

株式会社武蔵野 17内定者 二見直樹
内定者インタビュー

内定者インタビュー

入社を目前に迎えた内定者の本音を聞いてみました! ぜひ参考にしてみてください♪

内定者インタビューを見る
社長の鞄持ち研修

社長の鞄持ち研修

代表・小山の働きぶりを間近に見られる「社長の鞄持ち研修」。挑戦した内定者の皆さんの仕事ぶりはいかに?

社長の鞄持ち研修を見る
ルート体験同行研修

ルート体験同行研修

先輩に同行し、実際の仕事を体験する内定者向け研修。武蔵野の “現実・現場・現物”を見に行こう!

ルート体験同行研修を見る

たくさんのご応募お待ちしております!

新卒の方へ

会社説明会

<会社説明会日程>

2017年卒業向け、会社説明会は終了しました。
  • 会社説明会申込

中途の方へ

中途の方は随時ご応募を受付けております!

<募集職種>

  • ●レンタル用品交換スタッフ
  • ●モニターご案内スタッフ(ダスキンのプロモーション営業)
  • 中途採用情報を見る
  • 中途正社員に応募する

アルバイト・パート・業務委託販売 募集情報

フリーター、第2新卒、主婦、シングルマザーの方が多数活躍中です!
勤務地、職種、雇用形態など、ご要望に合わせてお選びください。

<勤務地>
小金井、立川、東伏見、三鷹、吉祥寺、府中、国分寺、西荻窪、渋谷

お仕事を探す
http://www.musashino.co.jp/