ENTRYENTRY
信頼されて、頼られる存在になる!木根 奈緒美 信頼されて、頼られる存在になる!木根 奈緒美
安藤 奈緒美

INTERVIEW

学生時代の過ごし方

児童学科に通っていたので、保育士の資格と幼稚園の免許をとるために勉強していました。
大学の授業も色々入ってたのと、実習も結構あったので。
実習では、保育園と幼稚園、あと児童養護施設とか見ました。どれも割と大変でしたね。
児童養護施設では、小さい子が好きだったので、5歳児ぐらいまでかなって思ってたんですけど、入ったクラスが中高生のクラスで(笑)全然しゃべれなくて、思春期という感じだったので、ヤバいってなって終わりましたね(笑)

バイトは、家から近いところがいいなって思ったんですけど、家が田舎すぎてスーパーみたいなところしかなくて。なので、家から近かったスーパーでレジ打ちをしていましたね。あと中学の同級生が居たので、一緒に通ってましたね。働いているのを知ってたので、ちょっと内緒で応募してびっくりさせようみたいな(笑)びっくりさせたかったのに、店長が言っちゃってて(笑)
ずっとじゃないんですけど、3年の途中ぐらいまでやっていましたね。実習が忙しくて辞めちゃいました。

卒業旅行は京都と箱根の近場でした。お金が無かったので国内です(笑)
大学と高校の友達と行きました。楽しかったです。
京都は、インスタとかで流行っている八坂庚申堂みたいなカラフルなところとか、金閣寺とかベタなところに行きました。
八つ橋も食べておいしかったです。2月ぐらいに行ったので凍えてました(笑)

武蔵野を知ったきっかけ

実習が4年の5月くらいに終わって、それから本格的に就活始めたんですけど、やっぱり遅めで。ちょうど立川の合同企業説明会に行ったら、武蔵野のブースがあったんですよ。「ダスキン」って書いてあって、聞いたことあるので行こうってなって。
そしたら小貫さんと浅岡さんがいらっしゃって、2人から説明を聞いて、「明日説明会あるよ」って言われたので、「行きます」って答えました。

実際に働いてみて

最初の頃は電話が、日常生活でもほとんどしなくてほんとに嫌い、苦手だったんです。最初は本当に緊張していて、全部1文字1文字書いて、それを読むみたいな感じだったんですけど。でも、最近は自分の言葉で伝えられるようになって、少しずつ楽しいって思えるようになってきました。
本当に電話かけるだけなんですけど、セミナーの申し込みいただいたキャンセルのお電話で、すでに請求書を発行していた場合に「請求書を再発行します」とか、キャンセル料がかかる場合に「キャンセル料が発生してしまいます」みたいな感じで連絡を差し上げています。

多い時は10件くらいかけてますね。そんな何十件もかけてるわけじゃないですけど、キャンセルが発生したらかける、みたいな感じですね。
やっぱり最初はどう受け答えしていいのかもわからなくて、プライベートで話す感じと仕事で話す感じだと違うじゃないですか。だから「どうしよう…」ってなって。
だけど周りの先輩方の言い回しとか聞いて、「なるほどこう言えばいいんだ」とか「こういうときにこの言葉使うのか!」みたいな。
「なるほどなぁ」って思いながら聞いてますね。

仕事で得られたもの

それこそ、その電話対応が一番大きいかなって思ってて、特に電話が不安だったんですよ。でも、事務だからどうしても避けられないじゃないですか。
パソコンとかも全然得意じゃなくて。数をこなして、打つのはさすがに早くなったかな?とは思います。キーボード見ちゃいますね(笑)見たほうが確実だなって思って。
でも、早くしないともう追いつかないみたいな感じなので。
ひたすら勉強中です(笑)

仕事で一番楽しかったこと

内定者期間も含めて、やっぱり同期との交流ですね。
同期の家でチーズタッカルビパーティーや串揚げパーティーをしたり、同期と関わる機会が多かったので本当に楽しいなって思います。
もともと私、そんな大人数が得意じゃなくて、大人数だともう全然しゃべれないので。
でも、少ないときは本当に2人とかで飲みに行ったりとかもしてます。同期とそうやって色々話しているときが楽しいです。

仕事関連って言われると難しいんですけど、やっぱり最初はセミナーのマイページからのセミナーのお申込みの登録?みたいな仕事をしていたんです。
初めは、割引とか人数によって割引がかかったりとか、年間の無料枠を利用するセミナーがあったりとか、本当に全然分からなかったです。種類が多くて、三津山さんが最初簡単なものから選んでくれて、それで担当つけてくれて処理してたんですよ。でも今はマイページからお申込み来てるセミナー全部登録任せてもらえてて、最初私が登録したら三津山さんにチェックしてもらってました。
でも今そのチェックも全部無くなって、1人で全部処理できるようになったので、それが楽しいなって。

仕事で一番苦しかったこと

やっぱり、仕事で大きなミスをしたときですね。
私がミスすることによって、何十万とかの差額が出ちゃったりとかして。お客様にも迷惑かけちゃうこともあるので。
丁寧にやらなきゃと思ってます。
まだまだここから勉強してっていう感じですかね。
苦しくもあり、楽しくもあり、です。
分からないところも多いけど、できたら楽しいみたいな(笑)

今後の目標

三津山さんのように周りから信頼されて頼られるような人になれたらいいなって思います。すごく尊敬しているので。
あと、仕事をするからには良い評価いただきたいので、A評価を取ることを目標にしてます。

業務サポートは現場と違って、数字で結果とか出すのが難しくて。その評価の対象として、改善数、マニュアルを更新した数などで評価がつきます。今はマニュアル作りを頑張っています。1ヶ月に5個を目標にしていて、でもそれ以上はやるようにしてます。
マニュアルと改善の数を合わせたら、20個はいっていると思いますね。
プライベートの目標か全然わかんないんですけど、自分に自信がなくて、「自分なんて…」みたいな感じなので、自信が持てるようになりたいなとずっと思っています。
全然、プライベートじゃないんですけど(笑)頑張ります。

INTERVIEW