ENTRYENTRY

2021年度内定者の声就活の様子や武蔵野の印象について聞いてみました。

2021年度内定者の声就活の様子や武蔵野の印象について
聞いてみました。

  • W.Sさん
    (K大学)

    • W.S(K大学)
    • W.Sさん(K大学)
    武蔵野の面接の特徴

    二次面接は面接というよりは意思の確認でした。
    最終面接は対策が出来ない質疑応答を数個と、社長の前で20分間自己紹介をしました。
    人事の方が最終面接の自己紹介の添削をしてくださったので、とても心強かったです。

    面接で一番困ったこと

    質問の回答です。
    すぐに答えが思いつかず、しばらく考え込みました。
    ですが、決して急かすことはなく待ってくださいました。

    入社の決め手

    インターンシップや説明会の時の、社員の方々の雰囲気の良さです。
    また、武蔵野ファミリーという社長の考えに惹かれ、ついて行きたいと思いました。

    入社を通して学んだこと

    素の自分を出し、嘘をつかないことの大切さです。
    最終面接の自己紹介で全てをさらけ出したからこそ信用し、採用していただけたのだと思っています。

    武蔵野の意外だったこと

    説明会で全てを話してくださった為意外だったことはほとんどないのですが、
    ずっとほんわかした雰囲気しか知らなかった人事の方が最終面接の時にピッとしていたことはとても良いギャップでした。

    どんな学生時代をすごしているか

    (寝坊をしない限りは)しっかりと授業に参加し、部活や遊びは全力で楽しみました。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    企業との巡り合わせは運命だと思います!
    武蔵野にビビッと来たら全てをさらけ出してぶつかってきてほしいです!

    CLOSE

  • M.Hさん
    (N大学)

    • M.H(N大学)
    • M.Hさん(N大学)
    武蔵野の面接の特徴

    ありのままの自分を評価されます。
    嘘をつかずに素の自分を出すことができれば、評価につながると思います。

    面接で一番困ったこと

    最終面接での20分間の自己紹介です。
    時間内におさまるかとても不安でしたが、採用の方に添削やアドバイスをいただき、本番はリラックスをして面接に臨むことができました。

    入社の決め手

    人の良さと会社の雰囲気が自分に合っていると感じたからです。
    インターンや会社説明会、会社見学を通して、武蔵野や武蔵野で働いている人について知る機会がたくさんあり、実際に自分で会社の雰囲気を肌で感じることができました。

    入社を通して学んだこと

    ありのままの自分が評価されるということです。

    武蔵野の意外だったこと

    デジタル化がとても進んでいることです。

    どんな学生時代をすごしているか

    アルバイト、趣味、勉強すべてに全力を注ぎ、無駄のない日々を過ごしています。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    武蔵野は人を大切にしている会社です。
    嘘をつかず、ありのままの自分をさらけ出し頑張ってください。
    待ってます。

    CLOSE

  • F.Yさん
    (K大学)

    • F.Y(K大学)
    • F.Yさん(K大学)
    武蔵野の面接の特徴

    一次二次は面接している感じがなく楽しく話していたら終わっていました。
    最終面接は他社では聞かれないような質問が多かったです。

    面接で一番困ったこと

    最終面接で行われる20分間の自己紹介は考えるのが大変でした。

    入社の決め手

    人の良さです。
    会社説明会に行った時に社員さんの明るい雰囲気や楽しそうにしている姿に、私もここで働きたいなと思いました。

    入社を通して学んだこと

    嘘をつかず、ありのままの自分を見せることが大切だと学びました。

    武蔵野の意外だったこと

    本社が思っていたよりも古かったことです。

    どんな学生時代をすごしているか

    アルバイトをする毎日でした。
    あと旅行によく行っていました。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    聞かれた質問にも考えすぎず、ありのままの自分を出すことが大切だと思います。

    CLOSE

  • O.Tさん
    (S大学)

    • O.T(S大学)
    • O.Tさん(S大学)
    武蔵野の面接の特徴

    面接と言う定義で述べるとしたら面接だったのは最終選考のみで質問に答えることと社長の前で自己紹介を20分するというものでした。
    1次はグループワークが主で2次は担当者と現状の確認や自分のことを話したり、考えてみたり、とそのような感じでした。

    面接で一番困ったこと

    最終選考の時にスクリーンタイムや写真の総数が見れなくてとても焦ってしまった。
    スクリーンタイムについては私の確認を怠ってしまったことが原因でした。

    入社の決め手

    合説の時から若い人が多いなーと思っていて実際に行ってみたらとても楽しそうで、雰囲気がとても良かったから。

    入社を通して学んだこと

    まだまだこれから学べると思いますが、最初に学んだことは自分のそのままでいくことが大事だということです。

    武蔵野の意外だったこと

    意外と会社が学生に知られていないことです。

    どんな学生時代をすごしているか

    中高は部活三昧でした。
    大学に入ってからはサークルの人と一緒にゲームしたり遊んだりしてます。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    楽しい場であることには間違いないので安心して欲しいなと思います。

    CLOSE

  • S.Tさん
    (K大学)

    • S.T(K大学)
    • S.Tさん(K大学)
    武蔵野の面接の特徴

    一次選考、二次選考はアットホームでリラックスしてできました。
    一次選考はグループワークなので、とても楽しかったです。
    最終選考では社長の前で20分間の自己スピーチがとても緊張しました。

    面接で一番困ったこと

    20分間のスピーチでは、時間を計りなら何度も練習しましたが、本番では緊張して、練習通り話せなくて困りました。
    また、面接では特殊な質問が多かったのですぐには答えが出なかったです。

    入社の決め手

    グループワークがとても苦手だったのだが、インターン、EG合宿を通してグループワークの楽しさが分かり成長でき、またとても楽しそうな会社だと思い決めました。

    入社を通して学んだこと

    自分を全て出すことの大事さそれを認めてもらえる嬉しさを学びました。

    武蔵野の意外だったこと

    本社のイメージはビルとかデカいとかのだと思っていたが、結構小さかったところ

    どんな学生時代をすごしているか

    平日は大学の友達と授業を受けて、学校が終わったら飲みに行くかアルバイトをしています。
    土日祝日などは高校の部活の友達と集まって遠出などしたり、飲みに行っています。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    偽りなく自分を全て出すことで入社後楽だと思います。
    自分はすごく緊張したりするんですが、緊張は無い方が良いと思います!

    CLOSE

  • N.Hさん
    (K大学)

    • N.H(K大学)
    • N.Hさん(K大学)
    武蔵野の面接の特徴

    一次・二次選考はアットホームな雰囲気でとても楽しかったのですが(選考感がまったくないです)、最終選考がそれまでとうってかわって緊張感が高くなること。
    最終選考では20分間の自己紹介がある点も武蔵野の特徴だと思います。

    面接で一番困ったこと

    20分間の自己紹介は事前に準備していけるので問題なかったのですが、面接の質問内容が特殊でとても驚きました。
    とにかく質問に答えることで必死でした。
    ものすごく緊張していたこともあり、こんな答えで大丈夫なのかな、これで何を見られてるのかな、と終始不安でした。

    入社の決め手

    自分らしくいられると思ったからです。
    私は武蔵野の内定を頂いた時期にもう1社の内定も頂いていて、この2社で本当に迷いました。
    ですが、武蔵野の選考ではありのまま自分自身をさらけだしていた実感があり、それで内定を頂けたということは入社後も居心地がよく楽しく働けるのかなと思い、決めました。

    入社を通して学んだこと

    飾らず、正直に、ありのままの自分をさらけだすことが大切だということ。
    そうして頂いた内定は、自分自身を認めてもらえた感じがして嬉しかったです。

    武蔵野の意外だったこと

    本社は歴史を感じられると社員さんから聞いていましたが、実際にみてみると掃除や整理整頓が行き届いており、意外と綺麗なのだなと思いました。

    どんな学生時代をすごしているか

    授業にでて、アルバイトして…な毎日です。
    遊びほうけて授業サボるみたいなことはしませんでした!
    友達とごはんに行ったりもしますが、私が高校生のときに想像していた華やかな大学生活はおくれていません。
    もっとキラキラしたかったです。
    でも大学生楽しいです!!!

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    とにかく自分にも他人にも嘘はつかないことですね。
    そして就活では自分の生き方があらわれると思います。
    日頃から準備を怠らず、一生懸命毎日を過ごしてみてください。
    あとは頂いたご縁を大切にしてください。
    皆さんと一緒に頑張れるのを楽しみにしています。

    CLOSE

  • S.Nさん
    (T大学)

    • S.N(T大学)
    • S.Nさん(T大学)
    武蔵野の面接の特徴

    人事の方がとても優しく、親身になって話してくれる所です。
    2次面接を担当してくださった方には本当にお世話になり、最終のサポートもして頂きました!
    最終面接はとても緊張感のある空間でした。

    面接で一番困ったこと

    最終面接での20分間の自己紹介です。
    時間を見ながらはできないので、早口になることを想定して話す内容を決めました。

    入社の決め手

    自分が素でいられるありのままで働ける環境を探していました。
    人事の方が親身になって話を聞いてくれて、ここで頑張りたいと面接を重ねていくごとに感じたからです。

    入社を通して学んだこと

    感謝することの大切さを改めて感じています。

    武蔵野の意外だったこと

    社長室が、わたしの想像している社長室とは違かったことです。

    どんな学生時代をすごしているか

    マネージャーとして部活動に所属しているので選手のサポート、チームの目標を達成するために尽力しています!

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    自分を偽ると働きはじめてからギャップを感じてしまうかもしれません。
    嘘をつかず、ありのままの自分でいることが大切だと思います!

    CLOSE

  • N.Fさん
    (K大学)

    • N.F(K大学)
    • N.Fさん(K大学)
    武蔵野の面接の特徴

    次、2次選考は楽しく話してたら終わっていた印象で、最終選考は緊張で胸がドキドキでした。

    面接で一番困ったこと

    最終選考の10分間の面接です。
    面接の対策をあまりしていなくて正直に答えました。

    入社の決め手

    インターンで人事の方と20内定者の方が距離感が近く楽しそうに話していたのを見て、「ここいいな!」と直感で思いました。

    入社を通して学んだこと

    素になって正直に話すことは大事だと思いました。
    内定を頂くことができたのも、自分の強い部分も弱い部分も見せたからだと思いました。

    武蔵野の意外だったこと

    社長の年齢が1番に驚きました。
    他にも、飲みニケーションを大事にしていることにも驚いたと同時に、そこが武蔵野の良いところだと思います。

    どんな学生時代をすごしているか

    アルバイトしたり友達と遊んだり飲んだりしています。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    僕はやりたいことが見つからずに、合説で株式会社武蔵野に出会いました。
    やりたいことが見つからない人は、是非1回、ブレイドやTOPLIVEに参加してみてください。

    CLOSE

  • N.Fさん
    (K大学)

    • N.F(K大学)
    • N.Fさん(K大学)
    武蔵野の面接の特徴

    他の企業さんの面接では絶対に聞かれなさそうな質問をされます。
    また、自分のことについて過去から良いことも悪いことも振り返ることができます。
    普段のアットホームな感覚とはぜんぜん違い、緊張するかもしれませんが自分を素のまま出せば、まったく問題ないです。

    面接で一番困ったこと

    業界には関係ないことを急に質問されたことです。
    面接というと対策をする人がほとんどだと思います。
    しかし、武蔵野の面接は対策してる人ほど難しいのではないかと思います。
    何も考えず、言われたことに対して答えればいいような面接でした。

    入社の決め手

    インターンや合同説明会などを通して、人事の方が優しくまた会社見学の際の会社の雰囲気がとてもよかったからです。

    入社を通して学んだこと

    人との繋がりの大切さや目標をもつ大切さを学びました。
    現状維持は退化と同じということを聞いたので、目標を持つことで人は進化することができるんだということを知りました。

    武蔵野の意外だったこと

    最終選考の面接や履歴書において、一切志望理由を聞かれなかったことです。
    普通であれば、絶対に聞かれる質問のはずです。
    しかし、武蔵野では聞かれることはなかったので、そこがとても意外であったとともにびっくりしたことです。

    どんな学生時代をすごしているか

    基本的に学校に行って、そのあとはアルバイトをしてます。
    休みの日には、友達と映画を見に行ったり、カラオケをしに行ったりしています。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    これほど自己分析を深くやることは人生の中でも後にも先にもないです。
    自己分析を深めることで新たなに見えてくる自分があるので、それを基にしたい仕事を見つけて、最終的就職できれば良いと思います!

    CLOSE

  • K.Aさん
    (K大学)

    • K.A(K大学)
    • K.Aさん(K大学)
    武蔵野の面接の特徴

    インターンシップ同様、グループに分かれており同じグループの学生同士会話をしながら自分の素が出せる環境でした。
    とても緊張して行きましたがリラックスすることができました。

    面接で一番困ったこと

    最終選考の際、20分間の自己紹介をすることは聞いていましたが、小山社長との面接では何を質問されるのかなど知らなかったので難しかったです。
    一次、二次とは違い緊張感のある場面で相手の分かりやすいように伝えることは大変でした。

    入社の決め手

    私は今までの経験から、アットホームな社風の会社を求めていました。
    インターンシップで社員の方々に決め手を聞くと誰に聞いても人柄がよかったとおっしゃっていたので、ここでなら自分も頑張れそうと思い、決めました。

    入社を通して学んだこと

    社員の方々がコミュニケーション力があり活気があって、挨拶など当たり前のことを当たり前に行なっていたということ。

    武蔵野の意外だったこと

    インターンシップや説明会を通して不安なことは事前に聞いていたので、意外に思うことはありませんでした。

    どんな学生時代をすごしているか

    小学校2年生のころからテニスが好きで、中学校3年生まではずっと続けていました。
    高校からはダンスを始め、学生時代は主に部活中心の生活を送っていました。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    どれだけ練習をしても、面接の場所に行くと緊張してしまいますが、無理に隠そうとせず、緊張している中でも相手に自分が伝えたいことを一生懸命伝えられるようにすることが大切だと感じました。

    CLOSE

  • K.Sさん
    (N大学)

    • K.S(N大学)
    • K.Sさん(N大学)
    武蔵野の面接の特徴

    人事の方が優しく、自分の素を引き出してくれる
    最終選考は一次選考、二次選考のアットホームな雰囲気とは違った緊張感のある選考だった

    面接で一番困ったこと

    最終選考の20分間の自己紹介
    20分間に自分のこれまでの経歴をまとめて話すことが難しかったです

    入社の決め手

    アットホームな社風、この人達と仕事をしたいと思える人間性

    入社を通して学んだこと

    素の自分を大切にすること
    自分と向き合う大切さ

    武蔵野の意外だったこと

    本社が古いことが意外だった

    どんな学生時代をすごしているか

    小学校2年生から続けている野球をして過ごしています

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    嘘をつかないで本当の自分を出せば大丈夫

    CLOSE

  • H.Tさん
    (K大学)

    • H.T(K大学)
    • H.Tさん(K大学)
    武蔵野の面接の特徴

    一次と二次は明るい雰囲気で楽しく、自分らしく望む事ができました!
    最終は雰囲気がガラリと変わりとても緊張しました。

    面接で一番困ったこと

    最終での20分間のスピーチです。
    練習しても収まり切らず、待ち時間などでも内定者の方々に相談し、ギリギリまで添削を行なっていました。

    入社の決め手

    社員さん同士の仲の良さや雰囲気の明るさを見て、この環境でなら人間関係も困らず、仲間で助け合い、しっかりと仕事が出来ると思ったからです。

    入社を通して学んだこと

    人との関わりと、誠実な気持ちを忘れずに持ち続ける事の大切さ

    武蔵野の意外だったこと

    仲が良いのは同期だけだと思っていたのが先輩、後輩社員ともすごいお互い楽しそうに話していたこと

    どんな学生時代をすごしているか

    サークルに遊びに行ったり、友達とよく飲みに行ったりしています。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    最後に決めるのは自分です!
    他人の意見を聞くことも大事ですが、そのまま流されて後で後悔するような選択は絶対にしないでください!

    CLOSE

  • O.Yさん
    (N大学)

    • O.Y(N大学)
    • O.Yさん(N大学)
    武蔵野の面接の特徴

    最終面接は、一次試験や二次試験のようなアットホームな雰囲気とは違った、緊張感のある試験だったと記憶しています!特に、20分間の自己紹介が必須事項となっているのは最大の特徴だと思います!

    面接で一番困ったこと

    20分間の自己紹介です。準備期間はあるのですが、経験したことのないような長時間の自己紹介だったため、自己分析の整理はもちろん、話し方やペース配分といった点にまで気を付ける必要があり、とても難しかったです。

    入社の決め手

    合同説明会を通じて参加させていただいたインターンシップで、先輩方が真摯に学生の悩みを聞いていた点や、社員さんが笑顔で仲良く仕事をしていた姿を見て、この人たちと働きたいと感じ、選考に進みました。

    入社を通して学んだこと

    内定者の一人として選考に携わらせていただくことがあったのですが、先輩方から事前にアドバイスをいただいたことが直接的に仕事に役立てることができたため、同期及び先輩方とのコミュニケーションをとることは大切であるということを再確認することが出来ました。

    武蔵野の意外だったこと

    会社説明会で裏側までほとんど語られるため大きなギャップはありませんが、しいて言えば、選考に内定者の時点で参加させていただけた点です。自分たちの同期となり得る人材を精査する側に立つということは、責任感を持つという意味で自分にとってとても大きな刺激になりました。

    どんな学生時代をすごしているか

    生物学を専攻していて、サークルではミドリムシの培養、研究室では植物ホルモンについて勉強しています。食べることが大好きなので、友人とは鍋やラーメンを食べに行く機会も多く、ピザパーティーを催すこともありました。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    「この職種に就きたい!」といった目標は誰しもが持っていると思います。それでも、そういった職種以外の企業にも足を運ぶことが必要だと思います。自分の抱く価値観と考え方の間にはギャップがあるということに気づくかもしれません。その結果武蔵野がいいなと感じてくれたなら、自身をもって選考に進んでほしいです!

    CLOSE

  • S.Rさん
    (T大学)

    • S.R(T大学)
    • S.Rさん(T大学)
    武蔵野の面接の特徴

    人事の方が優しくて、2次面接を担当してくれた人事の方が最終面接まで親身に付き添ってくれたのでとても心強かったです!
    でも、最終面接では人事の方も社長も一切笑顔を見せることがなかったので、すごい緊張感が漂っていました。

    面接で一番困ったこと

    普通の会社の面接で聞かないような、恋愛や、お酒の失敗談を話さないといけない時はどこからどこまでを話せば良いのかわかりませんでした。

    入社の決め手

    人の良さです!!
    インターンで武蔵野の社員さんの人柄の良さや、社員は一人一人を大切にしているところに感銘を受けて、長く働き続けるなら人を大切にしてくれて、自分の素を受け入れてくれる居心地の良い会社に就きたいと思い武蔵野を選びました。

    入社を通して学んだこと

    自分と向き合い、自分をさらけ出すこと。
    「見栄を張って嘘をついてその会社に入っても、入社してから自分が苦労するだけ」だということを教えてもらい、この言葉が今までの自分に重なっているようでとても心に刺さりました。

    武蔵野の意外だったこと

    入社したら、女子は通勤が1時間以上かかる場合、男子は必ず一人暮らしをしなくてはいけないところです。
    一人暮らしというところが会社説明会で言われてからずっと気になっていて、一人暮らしをまだしたことがないので少し不安です。

    どんな学生時代をすごしているか

    高校が付属で、高校からの友達が大学にたくさんいたので、サークルにも入ることなく、高校からの友達とばっかり遊んでいました。
    勉強面では、どうしたら楽に単位が取れるかだけを考えて授業を取っていたよくいるダメな大学生でした。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    就活は人生で一番重要な時期で一生が決まると言っても過言ではないので、手を抜かず後悔しないように全力で頑張ってください!
    最終面接では小さい嘘も見抜かれるので絶対つかない方が良いです!(笑)

    CLOSE

  • K.Mさん
    (K大学)

    • K.M(K大学)
    • K.Mさん(K大学)
    武蔵野の面接の特徴

    人事の方がとてもあたたかいです。

    面接で一番困ったこと

    20分間の自己紹介文です。

    入社の決め手

    何をするかという作業・行為より、誰と働きどんな意味のある仕事をしたいかという「石積み職人」のお話に心を打たれたからです。

    入社を通して学んだこと

    挨拶の大切さを学びました。

    武蔵野の意外だったこと

    本社の見た目が古い所。

    どんな学生時代をすごしているか

    友達と旅行に行ったりカフェに行ったりしています!

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    友達と旅行に行ったりカフェに行ったりしています!

    CLOSE

  • O.Mさん
    (K大学)

    • O.M(K大学)
    • O.Mさん(K大学)
    武蔵野の面接の特徴

    最終面接以外は面接じゃないみたいだったこと

    面接で一番困ったこと

    準備が要らないので不安だった。

    入社の決め手

    社員の方同士が楽しそうだった。

    入社を通して学んだこと

    嘘をつかないことの大切さ

    武蔵野の意外だったこと

    本社が古い

    どんな学生時代をすごしているか

    割と真面目に過ごしてきたつもりです。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    嘘をつかなければ大丈夫

    CLOSE

  • W.Mさん
    (N大学)

    • W.M(N大学)
    • W.Mさん(N大学)
    武蔵野の面接の特徴

    聞かれる質問は面接対策していても答えられないぐらい予想外なものばかりで、恋愛のことなども聞かれます

    面接で一番困ったこと

    彼氏とケンカのしたときの仲直りの方法を聞かれたのは困りました

    入社の決め手

    Discoveryに参加した時から入社したいと思っていました!
    その理由も内定者さん社員さんの人柄や雰囲気がとても好きだからです!

    入社を通して学んだこと

    内定者の頃から、武蔵野の顔として一つ一つの言動には責任を持つということを学びました。

    武蔵野の意外だったこと

    社長がいると社員さんの雰囲気ががらりと変わるのことが意外でした。

    どんな学生時代をすごしているか

    今しか出来ないことをやろうと思い、ヒッチハイクやボランティアなど様々なことに挑戦してます。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    武蔵野は人と雰囲気が良く、先輩方と一緒にいても苦ではないくらい楽しいです!
    少しでも武蔵野に興味ある方は、インターンや会社説明会に是非参加してみてください!

    CLOSE

  • H.Mさん
    (S大学)

    • H.M(S大学)
    • H.Mさん(S大学)
    武蔵野の面接の特徴

    一次、二次はすごくリラックスした雰囲気
    最終だけ緊張感がすごかった

    面接で一番困ったこと

    思いもよらない質問がきて答えがすぐに思いつかなかったこと

    入社の決め手

    「人」です!

    入社を通して学んだこと

    自分に素直に、ありのままでいること

    武蔵野の意外だったこと

    社長室が古かったこと

    どんな学生時代をすごしているか

    アルバイトばっかりしています

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    ありのままで、自分を全てさらけ出すつもりで臨めば大丈夫です!!

    CLOSE